妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ後陣痛(あとばら) | 産後のからだと心の変化

産後・産褥の基礎知識のメニュー

産後の回復の経過を理解するための基礎知識として後陣痛(あとばら)について。
産後・産褥期にみられる後陣痛の機序と効果、特徴、初産婦と経産婦の違い、注意点とアドバイスなどについて。

スポンサーリンク

後陣痛(あとばら)

出産の後に子宮がもとの大きさに戻ろうとするために子宮は収縮を繰り返します。
この子宮が回復のために収縮するとき、規則的な下腹部の痛みを感じることがあります。
これが後陣痛(こうじんつう)というもので、あとばらとも呼ばれ陣痛に似た痛みを感じます。
後陣痛は子宮の回復を促すために起こるもので分娩当日から翌日がピークです。
その後、徐々におさまっていきますが人によっては3~4日くらい続くこともあります。

後陣痛の特徴

後陣痛の特徴としては以下のようなものがあります。

後陣痛に関する注意

痛みの強さががまんできないほどだったり、痛みのたびに血液が流れ出るような感じがあれば医師や助産師に相談してください。
とくに、分娩直後はいろいろな異常が起こりやすく、痛みがその症状の一つのときがあります。後陣痛だからと自己判断したり、がまんをしすぎないように注意しましょう。

スポンサーリンク