新生児の特徴、赤ちゃんの成長と発達、新生児と赤ちゃんの症状と病気、育児~妊娠・出産・赤ちゃん Dear Mom

スポンサードリンク

未熟児動脈管開存症(PDA)とは

未熟児動脈管開存症:patent ductus arteriosus (PDA) due to prematurity
胎生期における肺動脈・大動脈間の交通路である動脈管が、生後も閉鎖することなく開存している状態をいいます。
胎児期に開存していた動脈管は出生後には閉鎖します。閉鎖の機序は肺循環確立とともに動脈血酸素分圧が上昇し、動脈管の平滑筋が収縮するためです。
成熟児ではほとんどが生後24~48時間に動脈管は閉鎖するのですが、早産児ではこの機構が未熟で動脈管閉鎖が遅延します。
在胎週数が若いほど閉鎖しにくい、動脈管を介する左右短絡血流による肺血流量増加に未熟な心臓は耐えられずに心不全をきたしやすい。また動脈管を介する左右短絡血流による体血流量減少は未熟な全身臓器で虚血性病変を生じ得ます。

未熟児動脈管開存症(PDA)の頻度

在胎週数が若ければ若いほど、出生体重が少なければ少ないほど発症頻度が高くなります。在胎27週以下では約40~50%が発症、RDSを合併した例ではさらに発症頻度が高くなり、56%に未熟児PDAが発症したとの報告がある。
ある文献には、在胎23週では67%、24~27週では45%程度、28~29週では20%程度がPADを合併したとあります。

未熟児動脈管開存症(PDA)の原因

未熟児の動脈管閉鎖遅延が、未熟児PDAの原因で、未熟性がその最大の素因といえます。

早産児が動脈管が閉鎖しずらい理由

早産児では、未熟性が強いほどに、機能的閉鎖も器質的閉鎖も起こりづらい。

機能的閉鎖

機能的閉鎖が生じづらい要因は、
・動脈管の平滑筋自体が未成熟で収縮しづらい血管構造にある。
・未熟動脈管においては酸素の動脈管収縮作用が極めて弱い。
・プロスタグランジンEの代謝・分解が遅れるため。
・プロスタグランジンEよりも一酸化窒素がメインの拡張因子である。

器質的閉鎖

器質的閉鎖が生じづらい要因は、
・未熟児の動脈管は内腔を完全閉鎖するほど十分に収縮しづらい。
・動脈管内血流から酸素がもたらされるため血管壁中膜は低酸素状態になりづらい。
・プロスタグランジンEなどの拡張因子の反応する可能性が残る。
・何らかの炎症でプロスタグランジンEの血中濃度が上昇する状況では動脈管は容易に開存しうる。
・早産児の動脈管は一旦収縮しても容易に再開存を繰りかえして治療に難渋する。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

TOP  利用上のお願い  妊娠  分娩  産後  赤ちゃん  お役立ち情報  ゲストルーム  サイトマップ