妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ新生児の腹部の特徴​ | 新生児の身体的特徴

新生児・赤ちゃんの基礎知識のメニュー

新生児を理解するするための新生児の身体的特徴の基礎知識として、新生児の腹部の特徴について。
新生児の腹部の特徴、臍帯と臍新など生児の胸部と腹部について。

スポンサーリンク

新生児の腹部の特徴

新生児は機能的に未熟な状態で生まれくるだけでなく、新生児の特徴的な身体をしています。新生児の身体的特徴を理解することは子育てに役立ちます。新生児の腹部の特徴としては以下のようなものがあげられます

新生児の腹部の特徴

新生児の腹部は全体的に膨隆しており、中心よりもやや下位に臍帯を残した臍部があります。新生児のお腹を見ると腸の輪郭や蠕動運動を観察することができます。

臍帯・臍

臍帯には2本の臍帯動脈と1本の臍帯静脈があります。なかに血管が2本しかない単一臍帯動脈をみることがありますが他に異常がなければ問題はありません。
臍帯は、出生後から乾燥しはじめ、生後7~14日ころまでにミイラ化し脱落します。
臍帯付着部から滲出液や出血をみることがあります、臭気や発赤などがみられるときには感染の可能性があり注意が必要です。
また、臍脱後の臍輪部が盛り上がって肉芽を形成することがあります。肉芽は処置が必要な場合があります。

スポンサーリンク