妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ自律授乳 | 育児技術

産後・産褥の基礎知識のメニュー

赤ちゃんのお世話、授乳、沐浴、抱き方など基本的な育児技術を解説。自律授乳について。
自律授乳とは、赤ちゃんが欲しがるときに欲しがるだけ飲ませる授乳法のことをいい、新生児の消化吸収の生理的面、母乳分泌とホルモンの関係からも勧められます。

スポンサーリンク

自律授乳

自律授乳とは、赤ちゃんが欲しがるときに欲しがるだけ飲ませる授乳法のことをいいます。
本来、母乳を飲ませることは自然なことで古来から「赤ちゃんがおっぱいを泣いて欲しがったら与える。」ということが繰り返され、無意識に自律授乳がおこなわれてきました。
しかし、近代医学が取り入れられるようになり医学的見地から計画授乳がすすめられるようになり、昭和20年代においては計画授乳をおこなうことが望ましいとされていました。
その後、昭和30年頃になると、欲しがるときに飲ませる方が合理的で優れていると考えが広がり、自律授乳が提唱されました。
厚生労働省が平成19年に作成された「授乳・離乳の支援ガイド」においてもは、分娩から退院までの間は「赤ちゃんが欲しがるときにあげて自律授乳を習得する」などを目標として紹介しています。

自律授乳の根拠

自律授乳を母乳の消化から考えると、母乳の胃内排出時間は約1.5時間ですから生理的には約2時間おきにおっぱいを欲しがるとえいます。
また、乳腺を刺激して乳汁産生を促進するプロラクチンは、赤ちゃんが乳頭を吸う刺激がくわわると5分程度から血中濃度は上昇しはじめ、10分吸綴刺激が加えられると分泌はさらにアップし、30分程度でピークに達し、その後1時間くらい経つと落ち着きます。
この両方から母乳の場合、1.5~2時間おきの授乳で、1日10~15回となることがわかります。
また、夜間の赤ちゃんが乳頭を吸綴するとプロラクチンの産生は日中の約1.5~2倍程度に増加することがわかっており、授乳分泌から考えても夜間の授乳は不可欠となります。
人工乳の胃内排出時間が約3時間である事が知られており、このことが3時間おきの時間授乳の根拠となっています。
しかし、人乳の胃内排出時間は1.5時間であることから、母乳の授乳間隔は1.5~2時間おきになるのが生理的だといえます。またこの1.5時間という胃内排出時間とプロラクチンの血中濃度がピークに達してから基礎値に落ちるまでの時間が1.5時間であることが一致しており、出生直後からの自律授乳が泌乳を促進する根拠になっています。したがって1日の哺乳回数は10~15回ということになる。
しかし、赤ちゃんによって、たくさん飲む子、一度にたくさん飲まない子、食の細い子太い子様々で個性があります。また、消化機能も個人差がありますからミルクも赤ちゃんが欲しがるだけ飲ませる自律授乳になって来ています。
ただ注意しなければならないこととして生後2か月頃までは反射で吸いますし、満腹中枢が未発達なため与えると与えただけ飲んでしまいます。
生後2か月月までは目安量を参考にし過剰に飲ませないよう気をつけてあげましょう。

自律授乳確立のために

赤ちゃんが母乳を飲みたがるサインを示したときに授乳することが、有効な吸着により母乳育児の確立のために効果的です。
産褥早期には、赤ちゃんの哺乳意欲にあわせた自律授乳を行うことが望ましく、そのためには母親と赤ちゃんがいっしょに過ごす母子同室制が適しているため、出産場所を選ぶ際には母子同室制をとってる病院を選ぶと良いでしょう。
母乳の利点として、赤ちゃんにとって消化吸収が優れていることがありますが、そのため授乳間隔は短くなります。赤ちゃんが母乳を欲しがるサインを読み取れるよう訓練をしましょう。
しかし、新生児の時期は、授乳時間ごとに母乳を欲しがるわけではありません。深い眠り状態にある新生児を無理やり起こして授乳するのでは、母乳を欲しがっている早期のサイン(おっぱいを吸うように口を動かしたり吸うような音を立てたりする、手を口にもっていくなど)が母親にはわからず、赤ちゃんを起こさないと授乳できないという悪循環になってしまいます。
赤ちゃんにとっても深い眠りに陥っているときに強い刺激で無理やり起こされることはストレスになります。
乳汁産生量は、オートクリン・エンド・エンドクリンで調節されるため、新生児の欲求にあわせた自律授乳をおこなことは合理的だといえます。
すなわち、授乳回数を制限することは乳汁産生を遅らせ、乳房緊満の原因となります。また、1回の授乳時間を制限することは、エネルギーの多い後乳と初乳と後乳に多く含まれる脂溶性ビタミン類の摂取を妨げることにもなります。

スポンサーリンク