妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ産後の排尿の工夫 | 産後の過ごし方

産後・産褥の基礎知識のメニュー

分娩直後から始まる母体の変化と産後を快適に過ごすためのアドバイス。産後の排尿の工夫について。
産後は膀胱の筋緊張低下や分娩の影響で膀胱機能が低下します。子宮復古の促進と尿路感染症を予防するためにも排尿の工夫が大切です。

スポンサーリンク

産後の排尿の工夫

産後数日は、膀胱の筋肉の緊張低下や分娩時の児頭による膀胱神経や尿道括約筋の圧迫、腹壁の弛緩による腹圧低下などによって膀胱機能が低下し、尿意を感じにくかったり、排尿後に残尿感を経験することがあります。
分娩後の歩行開始後は、子宮復古の促進と尿路感染症を予防するためにも3~4時間おきに排尿を試みる必要があります。
分娩による影響で尿意の消失や減弱がみられる場合は、排尿間隔を意識して排尿するようにこころがけることが大切です。

産後の排尿時の工夫

排尿時に外陰部の傷に尿がしみる感じがしたり、会陰切開や会陰裂傷の縫合が気になってうまく排尿ができない場合があります。

排尿時の姿勢を工夫

傷がしみる場合は、トイレで腹圧がかかりやすいよう上半身をやや前かがみの姿勢で腹壁上から膀胱を軽く圧迫しながら排尿を試みましょう。

排尿後の工夫

排尿後はトイレにビデ機能がついていれば、ややぬるめの温度設定で洗浄し、乾燥機能で乾かすと良いでしょう。ビデ機能がない場合は、洗浄用の容器を用意し、微温等を用いて洗い流すと良いでしょう。

スポンサーリンク