妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ産後・産褥用語辞典『あ』 | 産後・産褥用語辞典

産後・産褥の基礎知識のメニュー

産後・産褥を理解するための基礎知識として産後・産褥用語辞典『あ』の項目。
産後・産褥に関する医学用語、専門用語、略語である、アプガールスコア(AP)など『あ』で始まる用語や略語を検索。

スポンサーリンク

産後・産褥用語辞典『あ』

『あ』で始まる出産後・産褥に関する医学用語、専門用語、略語

アプガールスコア(AP)

アプガースコアとは1953年にヴァージニア・アプガーが考案したもので、子宮外生活への適応を、心拍数、呼吸、筋緊張、皮膚の色調、刺激に対する反射反応の5つの要素を、それぞれ0、1点、2点で採点するものです。
採点法は、出生後1分、5分の時点で正確に観察、採点します。1分時のアプガースコアは児に出生時の状態を反映し、5分時のアプガースコアは児の神経学的予後と強く相関します。
出生後1分の時点で採点し、6~4点は軽症(軽度仮死にほぼ相当)、3点以下は重症(高度仮死にほぼ相当)とする。
なお、7点以下の場合は、出生後5分で再採点する。また、8点以上になった時間も重要で8点以上になるまでの時間が短いほど、適応が良好といえます。

スポンサーリンク