妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ産後の恥骨痛 | 産後のマイナートラブル

産後・産褥の基礎知識のメニュー

産後の回復の経過を理解するための基礎知識として産後のマイナートラブルの産後の恥骨痛について。
産後のの恥骨痛は、妊娠中のホルモンの影響、分娩でゆるんだり、開いた恥骨結合離開などの原因で恥骨痛が起こり、対処法のアドバイスについて。

スポンサーリンク

産後の恥骨痛

恥骨は左右の骨が結合組織であわさっています。
妊娠するとホルモンの影響でゆるみ、分娩時に赤ちゃんが産道を通過しやすいようになっています。

母乳の出るしくみ

妊娠中、卵巣や胎盤から分泌されるエストロゲンやプロゲステロンの働きで乳腺が発育します。
一方は、これらのホルモンが乳汁分泌させるホルモンであるプロラクチンの作用にブレーキをかけていて、妊娠中には母乳分泌が起こらないよう抑制されています。
このように妊娠中はホルモンの働きで抑制されていた母乳分泌も分娩後、赤ちゃんを出産するホルモンによる抑制がとれ分泌がはじまります。

産後の恥骨痛の原因

恥骨は、妊娠中の体重の過度な増加、姿勢の変化、大きな赤ちゃん、分娩が長い時間かかる、分娩を助ける処置などにより恥骨結合へ負担が大きかった場合に、断裂が起こることがあります。これを恥骨結合離開とよび激しい痛みを感じます。

産後の恥骨痛のアドバイス

出産後に恥骨の痛みを訴える方は多く、以下のようは方法で痛みを緩和することができます。

スポンサーリンク