妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ妊娠用語辞典・『し』:妊娠用語辞典

妊娠・胎児の基礎知識のメニュー

妊娠を理解するための基礎知識として妊娠用語辞典『し』の項目。
自然分娩、子宮外妊娠、児頭骨盤不均衡など妊婦健診で使われる専門用語、医学用語を中心に妊娠に関する用語『し』で始まる妊娠に関する専門用語、医学用語を検索。

スポンサーリンク

妊娠用語辞典・『し』

『し』で始まる専門用語、医学用語

子癇(しかん)

妊娠20週以降に初めて痙攣発作を起こし、てんかんや2次性痙攣が否定されるものをいい、発作の時期により妊娠子癇、分娩子癇、産褥子癇にわけることができます。

弛緩法(しかんほう)

弛緩法の目的は、分娩経過中の産痛・緊張により生じる産道の抵抗をすくなくするため、分娩中のエネルギー消費を節約する、心理的に落ち着くといった効果も期待できます。
分娩に備え、妊娠中からトレーニングを行っておきます。
方法は、まず手足に力を入れたり抜いたりと緊張と弛緩を感じ分けることからはじめ、自然な呼吸のタイミングにあうようトレーニングをおこないます。
パートナーからリラックスのチェックを受けることにより、より効果的なトレーニングとなります。

子宮外妊娠(しきゅうがいにんしん)

受精卵が子宮腔以外の部位に着床する妊娠を子宮外妊娠といい、主に卵管、卵巣、腹膜に着床します。
子宮外妊娠は全妊娠の0.3~0.7%に認められ、そのうち卵管妊娠が最も多く、約95%を占めます。
診断としては、無月経であること、妊娠反応が陽性、超音波で子宮内に胎嚢を確認することができません。
一般に経妊、経産婦に多く、特に人工妊娠中絶の既往がある妊婦に多い。そのほか、クラミジアなどにようる性感染症の既往があるもの、不妊治療後にも多くみ止められます。
初期は無症状のことが多く、途中から不正出血を認めることが多い。
着床部位によって異なりますが、妊娠週数が進むとともに下腹部痛を伴うようになり、徐々に圧痛が強くなり、ときには腹腔内出血によるショックを起こすことがあります。

子宮奇形(しきゅうきけい)

子宮の形が本来と異なるものを子宮奇形といい、発生の途中で左右のミューラー管が融合不全を起こすことで生じ、その程度により種々の奇形が生じます。
妊娠における、子宮奇形の合併症頻度は0.2~2%であり、産科的に問題となるものは、中隔子宮、双角子宮、重複子宮、単角子宮があります。

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)

子宮筋腫は30歳以上の女性の4~5人に1人の割合で存在する良性腫瘍で、発生部位により子宮体部筋腫、子宮頚部筋腫に分類されます。
発生は女性ホルモン依存性といわれ、閉経前後の増大する可能性があるが、閉経後は縮小する。
子宮筋腫が大きくなると月経過多となり貧血を引き起こします。
内診、超音波検査、細胞診などで診断され、子宮筋腫の大きさが手拳大以上、貧血症状の悪化、不妊症、流産を繰り返す場合には手術がおこなわれます。
妊娠により子宮筋腫が見つかることがあります。

子宮頸管(しきゅうけいかん)

内子宮口と外子宮口との間で、非妊時には約3㎝ありますが、妊娠が進むにつれて、軟らかく伸びやすくなります。
分娩の進行とともに子宮頚管は短くなりながら開大します。

子宮頸管縫縮術(しきゅうけいかんほうしゅくじゅつ)

何らかの原因で子宮頚管が軟らかく、伸展しやすい状態を子宮頚管無力症といい、流・早産が起こりやすくなります。
子宮頚管をテープや糸で縫い縮めて流・早産を予防する方法を頚管縫縮術といいます。
手術は、一般的には妊娠12~16週ころに行われますが、既往の流・早産発症の時期より早めに予防的に行われます。
縛ったテープや糸はは陣痛が開始する前に抜糸されます。
手術には、シロッカー法とマクドナルド法があります。
シロッカー法は、子宮頚管に横切開を加え、内子宮口の位置できんちゃくの口を閉めるように子宮頚部を縫縮する方法です。
マクドナルド法は、頚管が非常に短くなったりして、シロッカー法が不可能のような場合におこなわれます。
子宮頚管縫縮術を受けても、流早産を防ぐことができない場合もあります。

子宮頸管無力症(しきゅうけいかんむりょくしょう)

子宮の出口にあたる子宮頚管が何らかの原因によってやわらかくなり、子宮口が開いてしまう疾患をいいます。
子宮収縮や陣痛を自覚することなく、流産や早産に至ることがあります。
子宮頚管無力症の場合は、シロッカー術やマクドナルド術などの子宮頚管縫縮術がおこなわれます。
子宮頚管無力症による流産や早産は繰り返すため、二人目の妊娠においては計画的に子宮を縛る子宮頚管縫縮術がおこなわれます

子宮口(しきゅうこう)

子宮の下端、膣につながる部分のことをいいます。

子宮収縮抑制剤(しきゅうしゅうしゅくよくせいざい)

子宮収縮を抑制する薬剤で陣痛抑制剤とも呼ばれます。
切迫流産、切迫早産などに対して使用されます。
塩酸イソクスプリン(ズファジラン)、塩酸ピペリドレート(ダクチル)、塩酸リトドリン(ウテメリン)などの内服薬投与か、塩酸イソクスプリン、塩酸リトドリンの点滴療法があります。副作用がみられた場合は医師にご相談ください。

子宮底長(しきゅうていちょう)

子宮底長は仰向けに横になり、両膝を伸ばした状態で、恥骨結合上縁から子宮底最高部までの距離をお腹のカーブに沿って計測した長さ。

子宮内胎児発育遅延(しきゅうないたいじはついくちえん)【IUGR】

何らかの原因によって胎児の発育が阻害されて遅延や停止が生じ、在胎週数に相当しない発育である場合を言います。
子宮内胎児発遅延で誕生した赤ちゃんのことを子宮内発育遅延児と呼びます。

子宮内反(しきゅうないはん)

子宮底部がめくれ返り、子宮口から膣に出てきた状態をいいます。
多くの場合、激しい腹痛や出血を伴います。
原因としては、癒着胎盤、頻産婦、子宮腫瘍、過短臍帯、臍帯巻絡、胎盤圧出、臍帯過度牽引、胎盤用手剥離などの産科操作によるものがあります。

子宮内膜(しきゅうないまく)

宮内膜とは、子宮をおおっている粘膜組織のことで、赤ちゃんが育つ場所でもあります。子宮内膜は、月経周期の排卵時期に肥厚して、受精卵が着床しやすい状態(分泌期内膜)になります。妊娠が成立しないと、内膜がきれいに剥がれ落ちて出血します。

自然分娩(しぜんぶんべん)

陣痛促進剤などの薬剤や器具を使用ぜずに自然の娩出で自然産道から娩出するものをいいます。一般的には、自然に陣痛が来るのをまって、産道を通る経膣分娩のことをいいます。

児頭骨盤不均衡(じとうこつばんふきんこう)

分娩時、胎児が通過する骨産道である骨盤の広がりに比べ、胎児の頭の大きさが大きくつりあいがとれない状態をいいます。
母親が低身長であったり、骨盤が狭い場合、肥満などの場合、また妊娠糖尿病などで胎児が大きい場合などに起こりやすい。
妊婦健診において観察が行われ、妊娠37週前後においてグースマン法またはマルチウス法と呼ばれるレントゲン検査がおこなわれその後の分娩法が検討されます。

若年初産婦(じゃくねんしょさんぷ)

明確な定義はありませんが、一般的に19歳以下の初産婦さんのことをいいます。

射精(しゃせい)

精巣(睾丸)つくられた受精能力のある精子が男性性器から排出されることをいいます。

習慣流産(しゅうかんりゅうざん)

妊娠22週未満の流産を3回以上繰り返した場合をいいます。

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

妊娠による全身的な潜在浮腫の一環として手根管の靭帯が腫脹して内部の正中神経が圧迫され手のしびれや手が握れないなどの症状がみられます。
根本的な治療はなく、過度な塩分や水分の摂取をひかえる、食事でビタミンBやカルシウムの不足を予防するなど。

受精(じゅせい)

精子と卵子のなかに進入し、両者の核が融合することをいいます。

受精卵(じゅせいらん)

受精卵とは、精子と卵子が1つになった接合体のことです。卵管膨大部で接合体になった受精卵は、細胞分裂を繰り返しながら子宮内膜での着床を目指します。 
受精から、2日目には2~4細胞、3日目には8細胞、4日目には桑実胚(そうじつはい)、5~6日目には胚盤胞(はいばんほう)となり、いよいよ着床の段階になると透明帯が破れて中身が飛び出します。

出生前診断(しゅっせいまえしんだん)

出生前診断とは、羊水穿刺や超音波検査などによって、生まれる前に赤ちゃんの病気や奇形の有無を診断することを言います。
出生前診断の検査方法のうち、非侵襲的な(お母さんやお腹の赤ちゃんにとって安全な)検査方法としては、超音波検査やMRIなどがあります。また、お母さんの血液で、赤ちゃんが病気をもっている確率を調べる母体血清マーカー検査などがあります。お母さんやお腹の赤ちゃんに(低い確率ですが)危険を伴う侵襲的な検査法としては、胎盤の絨毛組織を採取して調べる絨毛検査、お腹に針を刺して羊水を採って調べる羊水検査、赤ちゃんから直接、血液を採って調べる胎児血検査などがあります。

受動喫煙(じゅどうきつえん)

受動喫煙とは、たばこを吸わない人が、本人の意思とは関係なく他人のたばこの煙を吸わされることです。たばこの煙には本人が吸う「主流煙」とたばこの先からでる煙の「副流煙」があります。
たばこの有害物質は「副流煙」により多く含まれていて、受動喫煙は喫煙者と同じように有害物質を吸い込んでしまう結果になります。
赤ちゃんがタバコの影響を受けると、低出生体重児やSIDS(乳幼児突然死症候群)の危険性が高まります。

絨毛(じゅうもう)

受精卵は子宮内膜に着床すると、外側に絨毛と呼ばれる無数の突起を形成します。
妊娠が継続すると胎盤となり、胎児は絨毛を通して母体から栄養をもらいます。

絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)

絨毛膜下血腫は胎児を包んでいる卵膜と子宮の壁の間に血液がたまっている状態をいいます。
妊婦の1.3~3.1%にみられ、多くは無症状で初期の超音波検査で見つかり、自然に吸収されてなくなってしまうのですが、流産、早産などの報告もあります。
性器出血などの症状や血腫が大きい場合、血腫に感染を生じたり、胎盤の後ろに出血が回りこんだ胎盤後血腫をつくると早産、胎児発育不全、妊娠高血圧症候群、胎盤早期剥離や癒着胎盤、胎児仮死などの異常を生じやすいため、注意を要することになります。
原因は不明ですが、ときに出血性素因や血栓形成傾向を引き起こす自己抗体が陽性のこともあります。
治療は安静にし、炎症を認めた場合は抗生剤の投与がおこなわれます。

常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)

妊娠後半期に子宮体部の正常位置に付着している胎盤が、妊娠中または分娩中の胎児が娩出前に胎盤が剥離することをいい、妊娠高血圧症候群以外出は外傷や絨毛羊膜炎でみられます。胎盤の剥離の位置、胎盤の付着部位、子宮口との位置関係により外出血がある場合とない場合があります。
外出血をみない場合は、間歇のない持続的な子宮収縮による腹痛で子宮は板状に硬く触れ、その後外出血が起こります。
確定診断後はすみやかに分娩を終了するよう処置がなされます。

静脈瘤(じょうみゃくりゅう)

静脈瘤とは、血液の流れが滞り、血管が拡張して、瘤のようになってしまうことをいいます。妊娠すると子宮の増大に伴って骨盤およびその周囲の血管の圧迫が起こり、下半身の血管に血液の停滞や下肢からの血液の戻りが減少することによっておこります。
さらに、妊娠によって増加したプロゲステロンの作用により静脈の血管壁の緊張低下がおこりやすくなります。
妊婦さんの外陰部や下肢に淡青色の静脈血管の怒張がみられ、うずくような痛みや重圧感がありますが、分娩後には自然に消退します。
長時間の歩行や立位を避け、足を高くして横になって休むよう心がけましょう。

助産師(じょさんし)

助産師とは厚生労働大臣の免許を受けて、助産又は妊婦、じよく婦若しくは新生児の保健指導を行うことを業とする女子。

初乳(しょにゅう)

産褥2~3日の間における黄色あるいは半透明の乳汁を初乳といい、それ以後の乳汁と比べてたんぱく質を多く含んでいます。
そのなかでもラクトアルブミン、ラクトグロブリンが多く含まれています。
そのほか、初乳中には免疫グロブリンが多く含まれています。

自律神経(じりつしんけい)

自律神経とは、各臓器の付随運動(自分の意思とは関係なく働くこと)を維持し、体の恒常状態を保つ役割を果たしています。
自律神経には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は緊急避難向きの作用で生態防御反応と考えられています。一方、副交感神経作用は平穏向きで、体のエネルギーを保存、維持するように働きます。
お互いに拮抗しながら生体の恒常性を調節、維持しています。

シロッカー手術(しろっかー手術)

子宮頸管縫縮術の1つで、子宮頚管に横切開を加え、内子宮口の位置できんちゃくの口を閉めるように子宮頚部を縫縮する方法です。

新生児(しんせいじ)

新生児とは、出生直後から母体外環境に適応する能力をえるまでの時期の子どもの総称です。時期は、狭義は生後7~14日間を指し、広義では28日間をいいます。
一方、WHOの区分では、生後7日未満の時期を早期新生児期、その後7~27日を後期新生児期といいます。

進行流産(しんこうりゅざん)

妊娠22週未満の妊娠で、妊卵の一部または全部が子宮壁から剥がれた状態で、すでに流産が進行しており、これを阻止することは不可能です。

スポンサーリンク