妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ妊娠用語辞典・『け』:妊娠用語辞典

妊娠・胎児の基礎知識のメニュー

妊娠を理解するための基礎知識として妊娠用語辞典『け』の項目。
経産婦、稽留流産、頚管縫縮術など妊婦健診で使われる専門用語、医学用語を中心に妊娠に関する用語『け』で始まる妊娠に関する専門用語、医学用語を検索。

スポンサーリンク

妊娠用語辞典・『け』

『け』で始まる専門用語、医学用語

頚管妊娠(けいかんにんしん)

頸管妊娠は、子宮外妊娠の1つで、受精卵が子宮頸管に着床したものをいいます。
受精卵が子宮腔以外に着床するものを子宮外妊娠といい、着床する部位によって、卵管妊娠、腹膜妊娠、卵巣妊娠、頸管妊娠の4つに分けられます。
子宮外妊娠の98%が卵管妊娠、頸管妊娠は0.15%です。
頸管妊娠は、妊娠初期から不正出血がみられ、ときに大出血をきたします。

頚管無力症(けいかんむりょくしょう)【子宮頚管無力症】

子宮の出口にあたる子宮頚管が何らかの原因によってやわらかくなり、子宮口が開いてしまう疾患をいいます。
子宮収縮や陣痛を自覚することなく、流産や早産に至ることがあります。
子宮頚管無力症の場合は、シロッカー術やマクドナルド術などの子宮頚管縫縮術がおこなわれます。
子宮頚管無力症による流産や早産は繰り返すため、二人目の妊娠においては計画的に子宮を縛る子宮頚管縫縮術がおこなわれます。

頚管縫縮術(けいかんほうしゅくじゅつ)【子宮頸管縫縮術】

何らかの原因で子宮頚管が軟らかく、伸展しやすい状態を子宮頚管無力症といい、流・早産が起こりやすくなります。
子宮頚管をテープや糸で縫い縮めて流・早産を予防する方法を頚管縫縮術といいます。
手術は、一般的には妊娠12~16週ころに行われますが、既往の流・早産発症の時期より早めに予防的に行われます。
縛ったテープや糸はは陣痛が開始する前に抜糸されます。
手術には、シロッカー法とマクドナルド法があります。
シロッカー法は、子宮頚管に横切開を加え、内子宮口の位置できんちゃくの口を閉めるように子宮頚部を縫縮する方法です。
マクドナルド法は、頚管が非常に短くなったりして、シロッカー法が不可能のような場合におこなわれます。
子宮頚管縫縮術を受けても、流早産を防ぐことができない場合もあります。

経口避妊薬(けいこうひにんやく)【低用量経口避妊薬・ピル(OC)】

エストロゲンとプロゲストーゲンの配合剤経口避妊薬をいいます。
ピルというと本来丸薬を意味しますが、最近では経口避妊薬として広く知られています。
ピルには薬の中に含まれるエストロゲンの量によって中用量ピルと低用量ピルに分けられます。低用量ピルが日本でも使用できるようになってからは、中用量ピルは性器出血などに対する治療用、低用量ピルは避妊用に使われることがほとんどです。
ピルの服用開始時期にみられる症状の多くは、妊娠初期に起こるものと似ています。
低用量ピルでは、副作用はきわめて少ないとはいえ、気持ちが悪くなる、吐く、めまい、乳房が張る、体重が増える、頭痛、性器からの出血、消退出血、ゆううつ感などが指摘されています。

経口ブドウ糖負荷試験(けいこうぶどうとうふかしけん)【OGTT】

糖尿病を診断するときの検査法の一つです。
OGTTはoral glucse tolerance test(オーラル・グルコース・トレランス・テスト)の頭文字を取った略語です。
糖尿病が疑われる方に対し、10時間以上の絶食をおこなってもらい、空腹時の血糖値を調べた後、75gのブドウ糖水溶液を飲み、その後30分・60分・120分に採血して血糖値を測定する検査です。
日本糖尿病学会の診断基準では、①早朝空腹時血糖値 126mg/dL以上、②75g糖負荷試験(OGTT)で2時間値 200mg/dL以上、③随時血糖値 200mg/dL以上のいずれかの血糖値が認められる場合に「糖尿病型」と診断し、別の日に行った検査で糖尿病型が再確認できれは糖尿病と診断されます。
さらに、④HbA1c値が加えられます。

警告出血(けいこくしゅっけつ)

前置胎盤においって、妊娠後期に子宮下部の伸展、子宮口の開大により、子宮胎盤血管が断裂して、突発性の無痛性外出血が反復・持続するが、少量ですぐに止血します。
この出血を警告出血といいます。

経産婦(けいさんぷ)

妊娠22週以後の分娩を経験したことのある女性のことをいいます。
経験した分娩回数によって、1経産、2経産といいます。

経膣プローブ(けいちつぷろーぶ)

超音波を利用して子宮や卵巣の状態を確認する超音波検査を行うには、プローブと呼ばれる超音波を発する器具を利用します。
プローブは2種類あり、経膣のものと経腹のものがあります。
経膣プローブは膣内に挿入して検査をおこなうしするタイプの超音波器具のことです。
骨盤の深い位置に有る物は、腹壁からの超音波検査より精密な画像が得られます。

経腹プローブ(けいふくぷろーぶ)

超音波を利用して子宮や卵巣の状態を確認する超音波検査を行うには、プローブと呼ばれる超音波を発する器具を利用します。
プローブは2種類あり、経膣のものと経腹のものがあり、経腹プローブとは妊婦の腹部にプローブを当てて使用するタイプの超音波医療機器です。
細部を鮮明に写す事はできませんが、広範囲を映し出す事ができます。
CRL(頭殿長)やBPD(児頭大横径)などを計測して、胎児が正常に成長にしているかを調べます。妊娠初期の胎児まだ小さい頃には、膣内から挿入するタイプの経膣プローブを使います。経腹プローブは妊娠12週くらいから使えるようになり、下着を脱がなくていいメリットがあります。

稽留流産(けいりゅうりゅざん)

妊卵内で胎児あるいは胎芽がすでに死亡しているが、今なお子宮内に留まっている状態をいいます。性器出血や下腹部痛はあまりありません。

血液型不適合妊娠(けつえきがたふてぎごうにんしん)

母体と胎児の血液型(主にABO型、Rh型)が異なり、赤ちゃんに新生児溶血性疾患が起こるの可能性がある妊娠をいいます。

月経周期(げっけいしゅうき)

月経周期とは、約1ヶ月の間隔で繰り返される子宮内膜の増殖と剥離のサイクル。内膜剥離は出血を伴いますが数日で自然に止まります。

スポンサーリンク