妊娠・出産・新生児*Dear Mom*

女性に重要なホルモン

女性にとって重要なホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の女性ホルモンの他に、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)や卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体形成ホルモン(LH)、子宮を収縮させるオキシトシン、乳汁分泌に関係するプロラクチンなどがあります。

性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)

性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)とは、視床下部で合成されるホルモンで、下垂体からの黄体形成ホルモン(LH)とろ胞刺激ホルモン(FSH)の放出を促進するはたらきがあります。

卵胞刺激ホルモン(FSH)

卵胞刺激ホルモン(FSH)とは、下垂体前葉の性腺刺激ホルモン産生細胞で合成・分泌されるホルモンで、未成熟の卵胞の成長を刺激し成熟させ、卵胞ホルモン(エストロゲン)を分泌を促します。

オキシトシン

オキシトシンとは、脳下垂体後葉ホルモンの一つで、強い子宮収縮作用をがあり分娩の時に子宮筋を収縮させ分娩を促し分娩時に大きな役割を果たしています。
また、授乳時に乳汁を出しやすくするための分泌促進作用ホルモンとして知られています。

プロラクチン(PRL)

プロラクチンとは、脳下垂体前葉から分泌されるホルモンで、妊娠中は乳腺を発育させ、出産後は乳汁の分泌を促します。
妊娠中は血中濃度が増加するのですが胎盤で産生される大量の卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)がプロラクチンの作用を抑制していますが、分娩が終了がし、胎盤が排出されると卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の血中より急激に消失し、プロラクチンの分泌が増加し乳汁産生が促進されます。

スポンサーリンク