妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ分娩方法・計画分娩 | いろいろな分娩方法

分娩・出産の基礎知識のメニュー

あなたらしい分娩をするための参考となるさまざま分娩方法の特徴。計画分娩について。
分娩方法である計画分娩は人為的に分娩の日時を計画的に選択し分娩を終了させる方法です。分娩方法のひとつである計画分娩の適応や方法について。

スポンサーリンク

計画分娩

計画分娩とは自然分娩とは逆に人為的に分娩の日時を計画的に選択し分娩を終了させる方法です。
自然の陣痛を待たずに人工的に陣痛をおこしたり、機器を使って子宮の入り口を開いたりして分娩を行います。

計画分娩を行う理由

*母体や胎児に何らかのトラブルがあったり、ハイリスク出産のときの医療処置として行う。
*家族やママ、産む側の希望で行う。たとえば、上の子の面倒をみてもらうために出産日を夫の休みに合わせる。
夫の立会いが希望で夫の都合に合わせるなどの理由から。
*麻酔を使って分娩を行うため。
*夜間や休日などは病産院のスタッフが少なく、緊急時に対応できないので平日の昼間に分娩を行うという病産院の考え方や病産院の事情から。

計画分娩を行うための方法

*薬剤や器械的な方法で子宮の入り口を熟化(分娩に備え、子宮の入り口を少し開き、柔らかくする)させる。
*陣痛促進剤を内服したり、点滴したりして人工的に陣痛を付ける。

人為的に陣痛を起こさせるので陣痛がどのように起こるかわかりません。
そのため、分娩監視装置で胎児の心拍と子宮収縮の状態をチェックしながら行います。
薬剤の副作用が起こることもあります。医師からの説明を十分に聞き、理解、納得したうえで選び、処置を受けましょう。

スポンサーリンク