妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ分娩方法・座位分娩 | いろいろな分娩方法

分娩・出産の基礎知識のメニュー

あなたらしい分娩をするための参考となるさまざま分娩方法の特徴。自然分娩について。
分娩法の座位分娩は母体が少しでも苦痛が少なくなるよう望む体位での分娩です。分娩方法のひとつである座位分娩のメリットとデメリットについて。

スポンサーリンク

自然分娩

従来分娩の体位は分娩台に仰向けに寝た体位で行なわれてきました。
しかし最近、分娩をする母体が少しでも苦痛が少なくなるよう望む体位での分娩が行なわれるようになって来ました。
その中で上体を起こし座った体位での分娩が多くの病院で取り入れられています。
分娩台が従来のベッドタイプのものではなく、背もたれのついた椅子、ちょうど美容室の椅子のようになっていて背もたれの角度は好みによって調整できるようになっています。

座位分娩のメリット

上体が起きているのでおなかに力が入りやすく、力みやすいことです。
さらに、胎児が産道を通過するとき重力に逆らわない体位のため胎児が下がりやすいといえます。
もう一つ大きな利点として、仰向けでの分娩の場合には背骨側にある大静脈、大動脈を子宮が圧迫して、胎盤への血流量が減少し、胎児への酸素供給が十分に行われなくなる可能性があります。
しかし、上体を起こした座位分娩の場合は大動脈が圧迫されませんから子宮や胎盤への血流が減少することがなく胎児が酸素不足になる心配はありません。
そのうえ、上体が起きていますから赤ちゃんが産まれた瞬間をママ自身が見ることができますので分娩の感動も大きいといえます。

座位分娩のデメリット

ただし、デメリットがないわけではなく、介助する医師や助産師側からすると平らな分娩台に比べて赤ちゃんをとりあげにくいということはあります。
また、重力が効果的に加わるため、分娩の進行が急激に進むことで子宮頚管裂傷や会陰裂傷がおきやすいというデメリットがあります。

スポンサーリンク