妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ分娩方法・LDRシステム | いろいろな分娩方法

分娩・出産の基礎知識のメニュー

あなたらしい分娩をするための参考となるさまざま分娩方法の特徴。LDRシステムについて。
分娩方法のひとつであるLDRとは、LDRでの分娩方法、メリットとデメリット、LDRでの分娩方法のシステムなどについて。

スポンサーリンク

LDRシステム

LDRとは、アメリカで開発された陣痛と出産、その後の回復を一つの部屋で行なうという発想で生まれた新しい分娩のシステムです。

LDRとは

L…Labor(陣痛)
D…Delivery(分娩)
R…Recovery(回復)
の3つの英語の頭文字を取って名付けられ、日本語では居室型分娩室と訳され、入院から陣痛、出産、産後の回復までの一連の医療が同一の部屋でできるように設計された個室のことです。
LDRの部屋は、できるだけ産婦がリラックスできるように家庭的な部屋の作りになっています。
ベッドも赤ちゃんが生まれるまでは、普通のベッドのようなつくりになっていて、いざ分娩となると分娩台に変わります。
分娩で入院した場合、多くの病産院では陣痛が強くなると陣痛室へ移り、分娩が近づくと家族と離れ、一人分娩室へ移ります。
LDRでは、陣痛から出産、そして回復まで家族やご主人に支えられながらむかえることができ、家族に囲まれながら新しい命の誕生を一緒に迎え、その感動を一緒に感じることができます。

スポンサーリンク