妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ分娩方法・アクティブバース | いろいろな分娩方法

分娩・出産の基礎知識のメニュー

あなたらしい分娩をするための参考となるさまざま分娩方法の特徴。自然分娩について。
分娩方法のひとつである女性が分娩の主役であるアクティブバースとは、アクティブバースの方法、意義、メリットとデメリットについて。

スポンサーリンク

アクティブバース

アクティブバースとはは女性が分娩の主役であるとする産む側を主体に出産をとらえたものです。
ママ自身の自然な動きを邪魔しない補助姿勢をとる方法は多くの女性や助産師に受け入れられ、最近注目を集めている分娩方法です。
医療機関に管理されることなく、自由な姿勢、自分がもっとも楽だと感じる姿勢、自由な呼吸法で産むというものです。

仰向けで産む

仰向けに寝て足を開き、ひざを曲げて産む方法。
子宮が背中側の下大静脈を圧迫し、血流を妨げ胎児に酸素供給ができなくなることもあります。

座って産む

上半身を起こし、ひざを曲げて足を開き産む方法。
上半身を起こす角度はママの希望や分娩の進行で調節されます。産道に沿って重力がはたらくので効果的に力が加えられいきみやすいといわれています。

横向きで産む

横向きになり、そろえた足をおなかの方に近づけ「く」の字になり、夫または介助者がおなかの側に立ち、ママは介助者にしがみつきお尻を後ろに突き出すようにしていきみます。
血管や胎児の頭が圧迫されないため産道が開くまで時間がかけられ、会陰切開率が低いといわれています。

その他の体位

ママが最も楽で好ましい体位で産む。しゃがむ、両膝をつく、立ったままなどさまざまな体位で出産します。
*自由に姿勢を変え、楽な体位がとれるのでママにとっては痛みが和らいだり、いきみやすいのですが、なかには会陰部が見えづらく、赤ちゃんの管理が難しい体位もあります。

スポンサーリンク