妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ乳汁産生調節のメカニズム | 育児技術

産後・産褥の基礎知識のメニュー

赤ちゃんのお世話、授乳、沐浴、抱き方など基本的な育児技術を解説。乳汁産生調節のメカニズムについて。
乳汁分泌の調節には、主にエンドクリンコントロールとオートクリンコントロールの2つのメカニズムがあります。

スポンサーリンク

乳汁産生調節のメカニズム

乳汁分泌の調節には、主にエンドクリンコントロールとオートクリンコントロールの2つのメカニズムがあります。

エンドクリンコントロール

エンドクリンコントロール(内分泌調整)とは、胎盤娩出による血中プロゲステロンの急激な低下に伴うプロラクチン作用の発現や甲状腺刺激ホルモン(TSH)、コルチゾールとインスリン、プロラクチン抑制因子、オキシトシンなどのホルモンの作用によって乳汁産生が調整されることで乳汁生成Ⅱ期はエンドクリンコントロールによって開始されます。
さらに、吸綴刺激が脊髄経由で脳に伝達され、視床下部のプロラクチン抑制因子を抑制することにより、下垂体前葉からのプロラクチン分泌が促されます。プロラクチンが乳汁産生を促すと同時に、下垂体後葉から分泌されたオキシトシンは筋上皮細胞を収縮させ、射乳反射を起こします。

プロラクチン

プロラクチンは乳汁分泌の開始と維持に必要で甲状腺刺激ホルモンは乳腺の成長と分泌に関与します。
血中プロラクチン濃度は、分娩直後に最高値を示し、その後はゆっくりと低下するのですが、吸綴により一過性に上昇します。(産後22~26日頃では授乳の開始から45分でピークになり血中濃度が2倍となります。)産後1週間で、血中プロラクチン濃度は分娩直後の50%にまで低下するのですが、吸綴により上昇します。
授乳していないと産後7日間で非妊時レベルまで低下します。
プロラクチンには日内変動があり夜間に値が高い。また、授乳回数が多いほうがあ血中プロラクチン濃度が高く、24時間に8回以上授乳していると次の授乳までに濃度が低下するのを防いでいます。プロラクチンはオキシトシンとは異なり、赤ちゃんとの接触によっては上昇しません。

オキシトシン

オキシトシンは、吸綴刺激に反応して下垂体後葉からパルス状に放出され、細胞に作用して収縮させ、乳管に乳汁を押し出して射乳反射を起こさせます。
授乳を開始すると1分以内に血中濃度が上昇し、授乳をやめると6分以内に基礎地に戻ります。
オキシトシンは末梢の血管床を広げることで、血圧を低下させながら血流を増加させる作用があり、授乳中は皮膚温が上昇します。また、オキシトシンは、吸綴の直接の刺激だけでなく、母子の肌の触れ合い、赤ちゃんのことを考える、赤ちゃんの泣き声を聞いたり、赤ちゃんににおいをかいだだけでも射乳反射が起こります。その反面、母親が激しい痛みを感じたり、猜疑心、羞恥心、不安間などでオキシトシン分泌が抑制されます。

オートクリンコントロール

オートクリンコントロール(自己分泌調整)とは、細胞が自分自身の作り出したシグナル(伝達分子)に応答する局所的な調整のことをいいます。乳汁生成Ⅲ期になると、短期的な乳汁産生量の制御に関しては、オートクリンコントロールが主な役割を担っています。
新生児は一回の授乳で乳房にある母乳の約76%を飲みとりますが、授乳後に乳房内に残った量によって乳汁産生量が調節されています。乳房に母乳が残ると腺房細胞から分泌されている乳汁産生抑制因子というホエイ(乳清)蛋白の濃度が上昇し、ラクトース(乳糖)とカゼインの産生を抑制します。これらの濃度は乳房の充満程度と関連し、乳腺細胞の基底膜にあるプロラクチン受容体を抑制し、さらに乳汁産生が低下すると考えらられています。すなわち、新生児が腺房腔が空になるほど母乳を飲み干すほどより多くの母乳がつくられ、新生児の食欲や吸綴の質、新生児が主導といえます。

前乳と後乳

分泌される母乳は前乳と後乳に分けれます。

前乳

前乳とは授乳開始早期に得られる母乳で、水分やラクトース(乳糖)を多く含んでいます。赤ちゃんに水分を補給するとともに、水溶性ビタミンとたんぱく質を供給します。
前乳に含まれる脂肪は後乳より少ないため、授乳で左右の乳房を早く切り替えすぎると、カロリーの少ない前乳だけを飲みカロリーを得ることができないことがあります。

後乳

後乳とは、授乳の後半に分泌される母乳をいい、新生児の主要なカロリー源であり、脳の発達に不可欠な長鎖多価不飽和脂肪酸やビタミンA・D・E・Kなどの脂溶性ビタミンが多く含まれています。
後乳の脂肪含有量は、前乳より2~3倍多く、乳児は自分で脂肪摂取量を調節していると考えられ、”赤ちゃんがリードする授乳”を柔軟におこなう根拠となっています。

スポンサーリンク