妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ産後の痛みの緩和とケア | 産後の過ごし方

産後・産褥の基礎知識のメニュー

分娩直後から始まる母体の変化と産後を快適に過ごすためのアドバイス。産後の痛みの緩和とケアについて。
産後には後陣痛や乳房緊満痛などの生理的な痛みと会陰切開や会陰裂傷の縫合部痛と脱肛や痔核の痛みなどがあり、痛みを緩和することで産後の生活をよりよくすることができます。

スポンサーリンク

産後の痛みの緩和とケア

産後には、正常な経過の中でおこる生理的な痛みには後陣痛や乳房の緊満による痛みがあります。
また、妊娠中や分娩時に生じた痔核や脱肛に痛み、会陰裂傷あるは会陰切開の縫合を受けた場合に生じる縫合部痛など外陰部や肛門部の痛みもあります。
これらの痛みのために日常生活が制限されたり、痛みのために睡眠を十分にとれないことでからだの回復を妨げたり、精神面へ影響を与えることもあります。産後の痛みはできるだけ軽減する必要があります。

後陣痛の緩和とケア

後陣痛は、子宮収縮に伴う生理的な痛みで産後2~3日間続いたあと軽減していきます。
後陣痛は初産婦よりも経産婦が強く、中には痛みが強く眠れないという人もいます。
また、後陣痛は授乳で乳頭が刺激されることで強くあらわれ、赤ちゃんがおっぱいを吸うと痛みが強く授乳がままならないという方もいます。
後陣痛は、子宮が収縮することによって起こる痛みで子宮復古のためには必要なものではありますが、痛みのために眠れず、産後の回復の妨げになるようであればがまんすることは良いことではありませんので助産師や看護師に伝えましょう。
対処としては、子宮収縮が正常に経過していれば産後に投与されている子宮収縮薬が中止されることがあります。さらに、後陣痛が強い場合には鎮痛剤が処方される場合があります。
授乳による乳頭の刺激でオキシトシンの分泌を促し、後陣痛を強くするため薬効時間を考慮して授乳の30~60分前に鎮痛剤を服用することで快適な授乳がおこなえます。
薬が赤ちゃんに影響するのではと心配という場合は、医師に詳しい説明を求めましょう。

縫合部の痛みの緩和とケア

会陰裂傷や会陰切開の縫合部の痛みはほとんどの方にみられます。
縫合部の痛みは、産後3日ごろには軽減し4~6日にはほとんどなくなります。
ただし、感染などがおこっているときには、縫合部がかなり痛む場合がありますから痛みが強い場合はがまんせずに看護師や助産師に伝えましょう。
縫合部の痛みを緩和するためには、縫合部への刺激を避け安静を保ち外陰部を清潔に保つようにしましょう。
授乳などのときに円座や産褥椅子などを使用したり、縫合部に体重が直接かからないような体位を工夫すると良いでしょう。
縫合部の痛みが強い場合は、鎮痛剤が処方される場合もありますので相談しましょう。

痔核や脱肛の痛みの緩和とケア

分娩時に強く力んだ結果、脱肛や痔核が生じたり、妊娠中からの痔核や脱肛が悪化する方は多くみられます。可能であれば潤滑油や表面麻酔薬のゼリーなどを用いて還納をおこなうと良いのですが、痛みが強い場合は無理に行う必要はなく、痛みが軽減してから行いましょう。
脱出した痔核はうっ血し、強い痛みを伴う場合があり座薬や軟膏が処方されます。
痔核の血液循環を促すためにシャワー浴をおこなったり、圧迫を避けるために円座や産褥椅子を用いると良いでしょう。また、排便時に力むことで悪化したり、痛みのために排便を我慢することで悪循環となることを予防するために、便秘薬が処方されます。
肛門部の清潔を保つために、排便後に微温湯で洗浄したり、産褥体操などで骨盤底筋や肛門活約筋の回復のためにトレーニングしましょう。
還納法については、看護師や助産師に指導を受け、痛みが治まったら自分でこまめに還納するようにしましょう。

スポンサーリンク