妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ産後・産褥用語辞典『I』| 産後・産褥用語辞典

産後・産褥の基礎知識のメニュー

産後・産褥を理解するための基礎知識として産後・産褥用語辞典『I』の項目。
産後・産褥に関する医学用語、専門用語、略語である、IUD(子宮内(避妊)器具)など『I』で始まる用語や略語を検索。

スポンサーリンク

産後・産褥用語辞典『I』

『I』で始まる出産後・産褥に関する医学用語、専門用語、略語

IDM (Infant of the Diabetic Mother)【糖尿病の妊婦から生まれた新生児 】

糖尿病の母親から生まれた新生児で、巨大児であることが多く奇形を伴う場合もある。出生後に低血糖をきたすことがあり、また、呼吸不全を合併することがある。

IUD (Intrauterine Device )【子宮内(避妊)器具】

IUDは、精子の運動の阻害、精子と卵子の受精の阻害、受精卵の着床阻害の作用により避妊を期待するもの。
月経が終わってから2~3日後に産婦人科で医師により挿入してもらいます。麻酔の必要がなく、出血もほとんどなく、痛みもありません。費用は、銅付加型IUDが4~5万円程度です。
精子の運動をより弱める銅を付加したタイプが多く使用され避妊効果も向上し、妊娠率は0.55%程度です。
種類にもよるが、1週間後に、IUDの位置を確認し、挿入後初めての生理終了後に、もう一度IUDの位置を確認します。
以後は、およそ3ヶ月後、6ヶ月後、1年後、2年後に定期的に診察を受け、IUDの位置の確認が必要で、順調な場合でも、2~5年に一度は、IUDを新品に交換することが、望ましいとされています。

スポンサーリンク