妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ産後・産褥用語辞典『G』| 産後・産褥用語辞典

産後・産褥の基礎知識のメニュー

産後・産褥を理解するための基礎知識として産後・産褥用語辞典『G』の項目。
産後・産褥に関する医学用語、専門用語、略語である、ABR(聴性脳幹反応)、GBS(B群溶血性連鎖球菌)など『G』で始まる用語や略語を検索。

スポンサーリンク

産後・産褥用語辞典『G』

『G』で始まる出産後・産褥に関する医学用語、専門用語、略語

GBS (Group B Streptcoccus)【B群溶血性連鎖球菌】

溶血性レンサ球菌は、A群、B群、C群、G群などに分類されます。
GBSは腟や直腸に常在し、妊婦の保菌率は10~30%で、GBS感染症を発症するのは1%前後と発症率は低いが、ひとたび発症すれば急速に重篤化し、死亡や後遺症に至ることも少なくありません。
妊婦さん自身が子宮内への上行性感染を起こして早産・妊娠早期の破水・絨毛羊膜炎・産褥期敗血症を起こすこともあります。
感染を予防することが重要なので現在かなりの施設が妊娠期間中にGBS感染の検査を行っています。妊娠後期に膣周囲の培養検査を行い、保菌者には分娩時にペニシリン系の抗生剤を数時間毎に投与する方法が一般的です。

スポンサーリンク