妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ産後・産褥用語辞典『の』 | 産後・産褥用語辞典

産後・産褥の基礎知識のメニュー

産後・産褥を理解するための基礎知識として産後・産褥用語辞典『の』の項目。
産後・産褥に関する医学用語、専門用語、略語である、脳性麻痺など『の』で始まる用語や略語を検索。

スポンサーリンク

産後・産褥用語辞典『の』

『の』で始まる出産後・産褥に関する医学用語、専門用語、略語

脳性麻痺(のうせいまひ)

脳性麻痺とは、出生前や出生時、あるいは出生直後に脳に受けた外傷がもとで筋肉の制御できなくなり、けいれんや麻痺、そのほかの神経障害が起こることです。
脳性麻痺は乳児1000人につき2〜4人の割合で起こりますが、早産児にはその10倍の確率で起こります。出生時体重が非常に少なかった乳児には特に多くみられます。
脳性麻痺はさまざまな種類の外傷によって引き起こされますが、たいていの場合、原因は特定できません。全体の10〜15%は出生時外傷と、出生前、出生時、出生直後の脳への酸素供給不足が原因です。風疹、トキソプラズマ症、サイトメガロウイルス感染症などの胎内感染も、脳性麻痺の原因となります。早産児は脳血管の発達が未熟な上に出血しやすいため脳性麻痺を特に起こしやすいといわれています。

スポンサーリンク