妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ産後・産褥用語辞典『ち』 | 産後・産褥用語辞典

産後・産褥の基礎知識のメニュー

産後・産褥を理解するための基礎知識として産後・産褥用語辞典『ち』の項目。
産後・産褥に関する医学用語、専門用語、略語である、チアノーゼや恥骨結合離開など『ち』で始まる用語や略語を検索。

スポンサーリンク

産後・産褥用語辞典『ち』

『ち』で始まる出産後・産褥に関する医学用語、専門用語、略語

チアノーゼ

英語:Cyanosis
チアノーゼとは、皮膚や粘膜が青紫色である状態をいいます。
一般に、血液中の酸素濃度が低下した際に、つめや口唇周囲に見られます。
酸素と結合していない還元ヘモグロビン量がが血液100ml当り5g以上に増加すると生じるとされ、一般に血中の酸素濃度の低下を意味しています。

恥骨結合離開(ちこつけつごうりかい)

恥骨結合とは、骨盤の左右の骨がまん中でつぎ合わさった部分で、妊娠中はホルモンの影響でゆるみ、分娩時には胎児が通過しやすくなります。
恥骨結合離開とは、妊娠後期、分娩時に恥骨結合軟骨が弛緩する際、その程度が過度であったり、あるいは恥骨結合軟骨が損傷を起こしている状態で、著明な自発痛や圧痛を示す。歩行不能となる場合もある。
恥骨結合離開の原因は、児頭骨盤不均衡、巨大児の分娩、鉗子分娩などで、骨盤に強い圧力が加わることで、恥骨のつなぎ目が開いてしまうというものです。

スポンサーリンク