妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ妊娠用語辞典・『A』:妊娠用語辞典

妊娠・胎児の基礎知識のメニュー

妊娠を理解するための基礎知識として妊娠用語辞典『A』の項目。
妊婦健診で使われる専門用語、医学用語を中心に妊娠に関する用語、AF(羊水)、AIDS(後天性免疫不全症候群エイズ)など『A』で始まる妊娠に関する専門用語、医学用語を検索。

スポンサーリンク

妊娠用語辞典・『A』

『A』で始まる専門用語、医学用語

AF(Amniotic fluid)

AF(Amniotic fluid):羊水
羊水は弱アルカリ性の液体で、妊娠初期には母体の血液から滲出により生産され、妊娠中期から後期では、羊膜上皮からの分泌に加え、胎児の排尿によって生産され、妊娠28週頃には最大となり、その後減少し、分娩予定日頃には500ml前後となります。
羊水の量が800ml以上は羊水過多と定義されます。

AFV(Amniotic fluid volume)

AFV(Amniotic fluid volume):羊水量
羊水量にも個人差がありますが。 10週頃は30ml、20週で350ml、妊娠28週頃には最大となり、その後減少し、分娩予定日頃には500ml前後となります。
羊水の量が800ml以上は羊水過多と定義されます。

AI(Artificial insemination)

AI(Artificial insemination):人工授精
人工授精法(AIH)とは、採取した精液を濃縮するよう処理し、カテーテルを使って子宮腔内に直接注入し、精子を卵子が受精しやすいところに入れる治療法です。

AID(Artificial Insemination by Donor)

AID(Artificial Insemination by Donor):非配偶者間人工授精
無精子症、無精液症、精子死滅症、極端な乏精子症の時に、精子提供者の精子を子宮内に注入する方法です。
非配偶者間人工授精(AID)は、夫の精子では妊娠が不可能な場合に、夫以外の精子で人工授精する方法です。

AIDS(acquired immunodeficiency syndrome)

AIDS(acquired immunodeficiency syndrome):後天性免疫不全症候群
エイズとは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染によって引き起こされる性感染症で1型と2型があり、日本で主に流行しているのは1型です。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を原因とします。主な感染経路は性的接触であり、他に血液を介した感染、母子感染があります。母子感染については、妊娠中からの適切な医療によって児への感染を防ぐことができます。
AIDS は「不治の病」から「コントロール可能な疾患」へと変化しました。早期にHIV感染がわかり、適切な時期に治療を始めることでAIDS発症を長期にわたって抑えることができるようになり、治療しながら仕事や学業の継続も可能となっています。
主な感染経路は性的接触であることから、検査を受けてまず自分の身体の状態を知ることが大切です。また性的接触の際には、コンドームを使用することを心がけることが大切です。

AIH(Artificial Insemination by Husband)

AIH(Artificial Insemination by Husband):配偶者間人工授精
配偶者間人工授精(AIH)は、夫が性交障害、精子の数や運動率の低下、精子の子宮への進入が障害される場合,また機能性不妊症の場合に、運動良好精子を子宮内に注入する方法です。
夫の精液を濃度勾配法により濃縮・洗浄し、精子を細いカテーテルを使って子宮内に注入します。

ATL(Adult T cell Leukemia)成人T細胞白血病 】

ATL(Adult T cell Leukemia):成人T細胞白血病
成人T細胞白血病は、別名「ATL」とも呼ばれ、白血球の一種であるリンパ球のうち、T細胞がHTLV-1というウイルスに侵されてガン化する白血病です。
母乳や性交渉で感染しますが、ウイルスの感染力が弱い上に潜伏期間が長いので、平均60歳で発病します。
九州、沖縄、四国に多くみられ、40歳以上の人に多くみられ、キャリアは日本全国で120万人とされています。
けれども、発病率はきわめて低く、2000人について1人の患者が発生する程度です。
今のところ、どのような人が発症するのかまだわかっていません。
主な感染経路は母子感染で、母乳を通しての感染があります。性行為での感染もありますが、性行為での感染では、精液内のヒトT細胞白血病ウイルスⅠ型が原因で男性から女性への感染経路のみです。他には、輸血による感染があります。
症状としては、発熱、発疹、全身に広がる軽度のリンパ節腫脹、高カルシウム血症、脾水腫、腹水などです。

スポンサーリンク