妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ妊娠用語辞典・『へ』:妊娠用語辞典

妊娠・胎児の基礎知識のメニュー

妊娠を理解するための基礎知識として妊娠用語辞典『へ』の項目。
ヘモグロビン、ヘルプ症候群など妊婦健診で使われる専門用語、医学用語を中心に妊娠に関する用語『へ』で始まる妊娠に関する専門用語、医学用語を検索。

スポンサーリンク

妊娠用語辞典・『へ』

『へ』で始まる専門用語、医学用語

ヘマトクリット【Ht】

全血液中に占める赤血球の容積率をいいます。
ヘマトクリット値の増減はたいていの場合、赤血球の量に支配されているので、貧血や赤血球増加の有無や程度を判定する指標になる。
正常値の目安は、男性で40~50%、女性で35~45%。

ヘモグロビン【Hb】

赤血球に含まれる血色素。鉄を含む「ヘム」とたんぱく質である「グロビン」から構成され、酸素を体じゅうに運搬する重要な役割を担っています。
鉄分が不足するとヘモグロビンが十分つくられなくなり、供給される酸素の量が不足してしまうため、動悸や息切れ、めまいなどの酸欠症状が出る。これが若い女性にとくに多い鉄欠乏性貧血である。
正常値の目安は、1dl中、男性14~18g、女性12~16g。

ヘルプ症候群【HELLP症候群】

1982年にWeinsteinが妊娠高血圧症候群の中に溶血(hemolysis)、肝酵素上昇(elevated liver enzymes)、血小板減少(lowplatelet count)をきたす病態を報告し、これらの頭文字をとって命されました。
悪心、おう吐、胃部不快感、心窩部痛、右季肋部痛、全身倦怠感などの症状がみられます。

スポンサーリンク