妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ妊娠用語辞典・『ひ』:妊娠用語辞典

妊娠・胎児の基礎知識のメニュー

妊娠を理解するための基礎知識として妊娠用語辞典『ひ』の項目。
ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)、貧血など妊婦健診で使われる専門用語、医学用語を中心に妊娠に関する用語『ひ』で始まる妊娠に関する専門用語、医学用語を検索。

スポンサーリンク

妊娠用語辞典・『ひ』

『ひ』で始まる専門用語、医学用語

ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)

胎盤が形成されると絨毛組織から分泌される糖蛋白ホルモンである。正常妊娠では排卵、着床してから3~4週間経過すると尿中hCGが1000~3000IU/lとなります。
免疫学的妊娠反応定性検査であるラテックス凝集反応は、最低測定感度が1000IU/lであり、本法による測定は臨床上、妊娠の診断、切迫流産の予後判定、絨毛性疾患の診断や管理に広く利用されている。

貧血(ひんけつ)

貧血とは、血液中の赤血球(ヘマトクリット)の減少や、赤血球に含まれる血色素(ヘモグロビン)の量が少なくなった状態をいいます。
貧血で最も多いのがヘモグロビンの原料となる鉄が不足して起こる鉄欠乏性貧血です。
ヘモグロビンは酸素を体の中に運び、いらなくなった二酸化炭素を持ち帰り、肺から外に出すなど重要な働きをしているので、ヘモグロビンが少ししか造られないと、全身に運ばれる酸素の量が減少し、体が酸素不足になってさまざまな症状が起きてしまうのです。
Hb値11.0g/dl未満を貧血jといいます。
妊娠中は生理的にも鉄欠乏性貧血になりやい状態にあります。

スポンサーリンク