妊娠・出産・赤ちゃん Dear mom~助産師からママへ

助産師からママと赤ちゃんへ妊婦体操 | 妊娠中のマタニティライフアドバイス

妊娠・胎児の基礎知識のメニュー

妊娠を理解するための基礎知識として妊婦体操について。
妊婦体操は、妊娠に伴う身体の諸機能の低下を防ぐとともに、出産に備えて筋肉、靭帯、関節を柔軟にする目的があります。

スポンサーリンク

妊婦体操

妊娠中は大きくなったおなかのために運動量が減る傾向にあります。
しかし、妊婦さんは適度な運動により体力を維持しながら分娩に備える必要があります。また、肥満や便秘予防、疲労回復やストレス解消など快適な生活のためにも適度な運動は必要です。

妊婦体操の目的

妊婦体操は、妊娠に伴う身体の諸機能の低下を防ぐとともに、出産に備えて筋肉、靭帯、関節を柔軟にする目的があります。
また、健康であるという実感を得るとともに妊娠に伴うマイナートラブルを予防・軽減させ、さらには出産への積極的態度を養うことにもつながります。
とくに妊娠に伴う姿勢の変化に対して腹筋、骨盤底筋の強化をはかること、分娩に向けての筋力を維持する効果があると考えられています。

妊婦体操の効果

妊婦体操には多くの効果が期待できます。

妊婦体操のすすめかた

妊婦体操は、毎日、無理なく、少しずつでも習慣的におこなうようにしましょう。
毎日続けることで妊婦体操の効果が時間できると思います。

妊婦体操の開始の時期

妊婦体操の種類にもよりますが、軽いものであれば妊娠12週ころから徐々にはじめ、妊娠16週以降は毎日少しずつおこないましょう。
妊婦体操は、妊娠経過が順調でつわりもおさまって気分が良くなった頃から始めると良いでしょう。
妊婦体操を始める際は、医師や助産師、保健師の指導を受けて行いましょう。
自己判断ではじめたり、自己流で行うと危険ですから病院で妊婦体操の指導があったり、自治体の保健所、母子センターなどで妊婦体操があれば参加し、自宅でも妊婦体操をおこないましょう。

妊婦体操の種類

妊婦体操はそれぞれの病院での指導や保健所や母子センターなどでの指導により多少の違いがありますが一般的に以下の内容が盛り込まれています。

妊婦体操の禁忌

妊婦体操の注意点

スポンサーリンク