新生児の特徴、赤ちゃんの成長と発達、新生児と赤ちゃんの症状と病気、育児~妊娠・出産・赤ちゃん Dear Mom

スポンサードリンク

新生児の筋緊張亢進と筋緊張低下

新生児の筋緊張とは

筋の伸張に対する受動的抵抗、または筋に備わっている張力のことで神経支配のある筋が持続的に持っている筋の一定の緊張状態を筋緊張といいます。 筋緊張は生体の姿勢保持機構や体温調節機構に関与しており、特に姿勢保持機構は、運動あるいは姿勢保持の際に活動する骨格筋の準備状態に重要な意味を持つとされ、筋トーヌスともいいます。
正常な筋では、完全に力をぬいて弛緩させた状態させた安静時の状態でも、軽度の緊張がみられ、筋を受動的に動かすと一定の抵抗を感じることができます。

新生児の正常な体位と筋緊緊張

正常児は、仰臥位にすると上肢はW字型、下肢はM字型で四肢を屈曲させ、膝は床から少し浮かせているというのが正常な筋緊張状態にあるといえます。
四肢を伸ばそうとすると少し抵抗を感じますが、伸展は可能です。

筋緊張の評価

筋緊張とは、筋が伸展されるときに生じる抵抗力と考えられるため、筋緊張の評価には、
①関節の可動域
②関節の伸展性
③筋の充実度、軟らかさ
の3要素が重要で、筋の緊張が低下している状態を低緊張といい、亢進した状態を過緊張といいます。
筋緊張の異常は神経学的異常所見として重要とされます。

新生児の筋緊張の評価

新生児は深睡眠時などは筋緊張が低下していることも多いため、一般的には、開眼し、自発運動のない状態での評価が良いとされています。
また、在胎週数が短いほど筋緊張は低下するため、在胎週数に応じた評価が必要となります。
①成熟児では蛙様姿勢(frog posture:四肢体幹ともにベットに付着している姿勢)を呈していれば筋緊張低下を示唆します。
②早産児では在胎週数によって正常な姿勢が異なり、在胎週数に応じた姿勢の評価を行う必要があります。在胎週数が少ないほど四肢は伸展位をとり、筋緊張は低下しています。
③後弓反張(opisthotonic posture:頭部が後屈し、四肢を伸展させている姿勢)は筋緊張の亢進を示唆します。
④児の姿勢だけではなく、手足の受動的運動を観察し、腕や脚の戻り反応の低下や踵耳試験の亢進、スカーフ徴候などは筋緊張の低下を意味します。

新生児の筋緊張低下とは

新生児を仰臥位に寝かせたとき、膝の外側が床にベタッとついた状態で足を開き、手足をやや伸展した肢位をとるときには筋緊張の低下と考えます。
ちょうど蛙が仰向けになった状態に似ていることから蛙肢位と呼ばれます。
筋緊張が弱いと上肢や下肢を屈曲伸展させてもそれを嫌がるような抵抗感が弱く、なすがままでクタッとした状態となるためフロッピーインファントと呼ばれます。
筋緊張低下の新生児には2つのタイプに分けることができます。
一つは、筋肉の力は正常で緊張が低下しているタイプでダウン症候群の赤ちゃんに特徴的にみられますが、それ以外にも全般的に発達に遅れのある赤ちゃんにみられることがあります。
もう一つのタイプは筋肉の力そのものが弱い子供で筋肉の病気がある場合と脊髄の神経の病気の場合とがあります。こうした病気がある子の多くは、生まれたときから母乳やミルクがうまく飲めない、呼吸困難がある、などの症状がみられます。また、筋肉の病気で顔の筋肉も侵されるといつも口を半開きにして、しまりのない表情になります。
このタイプには、重症筋無力症、先天性ミオパチー、福山型先天性筋ジストロフィー症、脊髄性筋萎縮症(ウェルドニッヒーホフアン病)などの病気が含まれます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

TOP  利用上のお願い  妊娠  分娩  産後  赤ちゃん  お役立ち情報  ゲストルーム  サイトマップ

▲トップへ